魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd

アクセスカウンタ

zoom RSS ここ最近の日常話その36 「好きなもの(こと)を好きなだけ」が許されるのはいつまでか

<<   作成日時 : 2012/10/26 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3X歳ともなると、日々の生活の中で「俺、いい歳してこんなことやってていいんだろうか?」という疑問が頭をよぎることが多くなりますね。好きなことだけやるとか、好きなものを好きなように買うといったことに対して、若い頃より引け目をかんじるようになったというか。

まあ一度きりの人生だし、許される&できる範囲で好きなことをするのがいいんじゃないかと思っていますけども。

そんなわけで、いつもの「好きだから注文した。後悔はしていない」という癖で入手した二品を紹介します。

画像


一品目はクトゥルフ神話の要素を取り入れたカードゲーム、テケリ・リ

画像


クトゥルフ神話の要素といっても、イラストに神格や奉仕種族を採用しているくらいですが、それでもクトゥルフやニャル、アザトースなどが描かれているのを見るとワクワクしますな。やっぱり、クトゥルフのクリーチャーは名状しがたくて、冒涜的で、不定形で、宇宙的恐怖な雰囲気を持っているほうが好きです。だから、今流行の這い寄るアレはどうもね……求めるテイストが違うというか。

ゲームのシステムについてはこちらを参照。11月の魚沼ゲーム会で持っていきますので、機会があれば遊びましょう。

もう一つの品は「羊のうた7巻限定版」に付属していた高城千砂フィギュア。この作品にはまっていた2006年当時、欲しくて探していたものを、今頃になって発見して入手に至った次第です。

画像


小さめなフィギュアですが、造型の出来はとても良いです。ただ、見る角度によっては首が太く見えてしまうのが難点かも。あと、暗い雰囲気に仕上げた塗装のせいか、肌の血色が悪く見えます。画像だとフラッシュの効果でそこそこ綺麗な肌色に見えますが、実物はなんだか土気色みたいな感じ。もっとも、元キャラ自体が健康的なキャラというわけではありませんが。

この感じも見慣れてくると、まあまあに思えてくるんですが、もっと綺麗な肌色でも良かったんじゃないかと。リペントする自信も技術も無いから、このまま飾っておいた方が無難でしょうな。

画像


所有していたコミック全7巻と画集2冊は、本棚の整理の際に売り出しましたが、また読みたくなってきました。ただ、この作品は読後の落ち込みようが半端無いので、気が滅入っている時に読むとヤバイです。良い話なんですけどね。あんまり救いが無いだけで。そういえば、この作品はアニメ版と三次版がありますが、どちらもお勧めできません。コミックだけで十分です。ブコフに行けば¥735で全巻揃いますし。

あれこれグダグダ書き続けそうなのでこのへんで止めときますけど、こうやって好き勝手に記事を書いている時にも「俺、いい歳してこんなことやって(ry」という思いが頭をよぎったりするから困ったもんだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここ最近の日常話その36 「好きなもの(こと)を好きなだけ」が許されるのはいつまでか 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる