魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd

アクセスカウンタ

zoom RSS 同盟用ネクロンの新戦力「ク・タン・シャード」が完成

<<   作成日時 : 2014/01/23 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ウォー沼ハンマー振興会の記事に『欺く神のカケラ ク・タンシャード制作記』を掲載しました。詳細はこちら

画像


モノリスは塗りの面倒臭さ(主にエッジ塗り)のため制作が長引いているのにたいし、このクタン・シャードは入手してからおよそ4日間で完成しました。ビークルを塗っているよりクリーチャー系を塗っているほうが性に合うようです。

ミニチュアはファインキャスト製。ファインキャストのミニチュアを手にしたのは今回が初めてだったりします。気泡が多いとか段差や欠落が酷いといった悪い評判のあるファインキャストですが、私が入手したミニチュアはなかなか良い出来で、気になるような気泡とか欠落箇所はありませんでした。抜きの技術が向上したのかな?

このク・タン・シャードは元々はメタル製のミニチュアで、現在ではファインキャストに置き換わっているため、メタル製を入手するのは難しいようです。同じミニチュアならメタル製の方が良いと考えてましたが、軽さとか削りやすさで考えればファインキャストもそれほど悪くない気がします。もっとも、たまたま出来の良いミニチュアに当たっただけで、ハズレを引いていたら評価が低くなっていたかもしれません。

心配なのは、夏の暑さで変形するかもしれないということ。欺くものは衣部分で宙に浮いている形状なので、本体の重みで前か後ろに曲がって倒れたりしないかが気がかりです。こればかりは夏にならないとわからないことですが、なんせ魚沼地方は冬はばかさぶくて夏はばかあっちぇーという四季の気温差がはっきりしているところでしてね。

あとは、もうちっと安くなってくれれば言うこと無いんですけど、まあ無理でしょうな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同盟用ネクロンの新戦力「ク・タン・シャード」が完成 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる