2007 5・5&5・6 個人宅ゲーム会(主催者自宅)

5日に集まった面子は、ササさん、ササ弟さん、やつの3人。遊んだゲームは、ナゲッツクレタの2つです。この日は写真を撮らなかったので、文章のみにて報告を。

ナゲッツは最近のお気に入りのゲームです。簡単なルールだが一手一手の駆け引きが重要なゲームです。それでいてプレイ時間が短めなのも良い点です。ササ弟さんが勝ちました。好きだけれど勝てません…でも、またやりたいですね。

クレタは、クレタ島を舞台にした陣取りゲーム。手持ちのカードを使って盤上に駒を配置したり、チップを獲得したり、得点計算を行っていきます。ゲーム終了時に最も点を稼いだ人が勝ちます。ゲームの詳細や雰囲気はこちらを参照ください。

ルールは複雑ではありませんが、得点計算を発生させるタイミングや、うまく得点を獲得するために駒の運用にとても頭を使うゲームです。悪いゲームではないが、個人的にはちょっと重めのゲームです。「駒をあちこち動かすのが忙しいゲームだ」とはササ弟氏の感想。同感です。

ゲーム終了間際の得点は接戦でしたが、やつが勝利しました。


6日はアキロヲさんも加わって4人ゲーム会。

最初に遊んだのは、特殊能力の応酬が楽しいコズミックエンカウンター。MTGの製作者リチャード・ガーフィールドに影響を与えた作品といわれてます。

画像


ササ:クローン族
ササ弟:アメーバ族
アキロヲ:ソーサラー族
やつ:レーザー族

アキロヲさんが植民地を5つ作って勝利。


ササさんが休憩に入ったので、残りの3人でドリュンター・ドリューバーを遊びました。

画像


これは狂った都市開発のゲームです。ゲーム開始前に各プレイヤーは担当する建物をランダムに決めます。あとは担当する建物がばれないように気をつけつつ、破壊破壊破壊を行います。トイレを破壊するときは、投票を行って決めます。ゲーム終了時に残った建物の特典が多かったプレイヤーが勝利します。

ササ弟さんが2点と5点の建物(学校)を残し勝利しました。

ササ弟:7点
やつ:5点
アキロヲ:5点


最後は4人でQ-JET

画像


1~6の数字が書かれたカードを1枚出して駒を進めていきます。先頭にいるプレイヤーは6のカードを出すことができません。また1周目か2周目にかならずピットに駒を停めなくてはいけません。いち早く3周出来たプレイヤーが勝利します。

序盤、高い数値のカードを出して独走するササさんでしたが、後半になって失速、代わりにササ弟さんがトップに出るも、ゴール直前でストップ。手札の最後の1枚が6なので、誰かに抜かれるまでは6を出せないという罠。このチャンスを逃さず、やつが動けないササ弟さんを追い抜いて1位になりました。

1位:やつ(赤)
2位:ササ弟(白)
3位:アキロヲ(緑)
4位:ササ青

この記事へのコメント