2009 5・10 第23回魚沼ゲーム会(南魚沼市民会館)

今回の参加者:sai、ターパン、キタガワ、グマ、アサイ、アキロヲ、U原、やつ(敬称略)。

午前中から7人集まったので、3人卓と4人卓に分かれて遊びます。

3人卓では、アサイさん、キタガワさん、グマさん達がドミニオンを遊んでいました。

画像


今年の夏ごろには拡張セットが出るという、人気の山札構築ゲームです。初めて遊ぶ方がいたので、初回向け環境で2回プレイ。

【1回目】

1位 アサイ:9
2位 グマ:7
3位 キタガワ:6

【2回目】

1位 キタガワ:19
2位 グマ:14
3位 アサイ:11


4人卓では、saiさん、ターパンさん、アキロヲさん、やつの4人でそれは俺の魚だ!を遊びました。

画像


このゲーム、ヘイ!ザッツ・マイ・フィッシュ!とか、オイそれはオレの魚だぜ!といった色んな邦題が付けられています。

魚の絵が描かれたタイルの上をペンギンの駒が移動していきます。プレイヤーは移動を開始した足元のタイルを獲得することができます。タイルには1~3匹の魚の絵が描いてあり、その数が得点になります。

ゲームが進むにつれ、駒が移動できる場所は分断されたり、狭くなっていきます。全てのプレイヤーがもう駒を動かせなくなった場合、ゲームが終了。もっとも得点を多く獲得したプレイヤーが勝利します。

1位 ターパン(緑):24
2位 アキロヲ(青):20
3位 sai(赤)、やつ(黒):18


同じメンバーで続けてQ-JETを遊びました。

画像


1~6までの数字が書いてあるカードを出して駒を進めていくレースゲームです。いち早くコースを3周したプレイヤーが勝利します。ただし、プレイヤーはコースを3周する前に、ある特定のマスに必ず1回止まらなければなりません。コース上の1マスには1個の駒しか置けないので、どのタイミングで駒を止めるか(空いたマスが無い限り、追い越すことは不可なので)を考えながら進めて生きます。

1位 sai(赤)

隣の3人卓ではドミニオンがまだ続いていたので、4人卓のほうではインカの黄金をプレイ。

画像


カードを1枚ずつめくって得点を獲得していく探検ゲームです。めくったカードに書かれた得点を、探検に参加しているプレイヤーで分けます。次のカードをめくる前に、各プレイヤーは探検を続けるか退却するか決めます。退却したプレイヤーは得点を自分のものにできます。カードには危険をあらわすものがあり、もしめくったカードが2枚目の同じ危険カードの場合、探検しているプレイヤーはそれまで獲得していた得点が全て失われます。

全員が退却するか、2枚目の同じ危険カードがでればラウンド終了。これを5ラウンド行って、最も多くの得点を自分のものにしていたプレイヤーが勝利します。

今回は「2枚目の同じ危険カードがめくられた時、探検を続けていたプレイヤーは、そのラウンドの得点だけでなく、それまでの自分のものにしていた得点の半分も失う」というヴァリアントルールを採用しています。

1位 ターパン(78)
2位 sai(59)
3位 アキロヲ(16)
4位 やつ(11)


両方の卓のゲームが終わったので、今度は7人全員で6ニムトを遊びました。結果は以下の順位です。

1位 アキロヲ(0)
2位 sai(1)
3位 やつ(4)
4位 ターパン(10)
5位 キタガワ(12)
6位 グマ(27)
7位 アサイ(34)


続けて、ゴキブリポーカーを遊びました。人数が多かったので「同じ種類のカード3枚を取ると敗北」ルールを採用。アキロヲさんが3枚獲得して敗北。


U原さんが加わって、8人という大人数になりました。大人数ならではのゲームということでお邪魔者をプレイ。

画像


プレイヤーは善のドワーフか悪のドワーフのどちらかになります。カードを出して通路をつなげたり、他人の妨害をしたり、妨害されたプレイヤーを助けたりして、それぞれの陣営の勝利条件を目指してゲームを進めていきます。

1位 やつ(7)
2位 U原(6)
3位 アキロヲ(5)
4位 アサイ、キタガワ(4)
6位 ターパン(3)
7位 sai、グマ(2)


ここで再び2卓に分かれます。5人卓と3人卓が成立しました。

U原さん、キタガワさん、グマさん、saiさん、やつの5人で魔法にかかったみたいを遊びました。

画像


12種類のアクションカードから5枚を選んでゲームを進めます。スタートプレイヤーは手札からカードを1枚選んで、時計回りに他のプレイヤーの手札に同じカードが無いかたずねていきます。同じカードがあったプレイヤーはそのカードを明らかにします。そして、大きな効果と小さな効果のどちらを使うか宣言します。

各アクションカードには、大きな効果と小さな効果があります。大きな効果は、そのカードを手札に選んだプレイヤーの中で一番最後に大きな効果を使うと宣言した1人だけが適用することができます。他のプレイヤーは一切の効果を適用できません。

小さな効果は大きな効果に比べて弱めですが、他の人が同じアクションを選らんでいても、効果を適用することが出来ます。

アクションを行うことで、勝利得点を購入したり、購入に必要な材料を集めたり、他のプレイヤーからお金や材料を巻き上げたりすることができます。

ある条件を満たした時にゲームが終了し、もっとも多くの得点を獲得していたプレイヤーが勝利します。

1位 U原(19)
2位 グマ(18)
3位 sai(17)
4位 キタガワ、やつ(13)


ターパンさん、アサイさん、アキロヲさんの3人は呪いのミイラ遊んでいました。

画像


プレイヤーは冒険者かミイラになって、ピラミッド内を移動していきます。画像を見てもらうとわかりますが、このゲームではボードをついたてのように立てて、駒をくつけて動かします(駒が磁石になっています)。

冒険者のプレイヤーは、ピラミッド内に散らばる宝物を5個集めれば勝利します。ミイラのプレイヤーは、冒険者を捕まえる(冒険者がいるマスに到達する)ともらえるポイントを一定数集めれば勝利します。

【1回目】

冒険者 アキロヲ○ アサイ
ミイラ  ターパン

【2回目】

冒険者 アサイ アキロヲ
ミイラ  ターパン○

【3回目】

冒険者 ターパン○ アサイ
ミイラ  アキロヲ


ここで両方の卓のメンバーを入れ替えます。

グマさん、アキロヲさん、キタガワさん、saiさん、やつの5人で貴族の務め を遊びました。

画像


様々な珍品迷品の骨董コレクションを見せ合って、駒を進めていくレースゲーム…とでも言いましょうか。

全プレイヤーはまずオークションハウスか城のどちらかにいるかを秘密裏に決め、所在地が描いてあるカードを伏せます。全員が決まったら、一斉に所在地を公開します。

その後、各所在地にいるプレイヤーは、そこでどの行動を行うか秘密裏に決め、行動が描いてあるカードを伏せます。全員が決まったら、一斉に行動を公開します。

オークションハウスでは、小切手を出すことで骨董品を入手できます(ただし、最も高い値段の小切手を出したプレイヤーのみ)。泥棒を出すことで、使用された小切手をもらうこともできますが、複数のプレイヤーが泥棒を出していた場合、だれも小切手をもらうことができません。

城では、骨董コレクションを見せ合うことで、誰が一番多くのコレクションを展示できるか競います。展示したい骨董品を複数枚選び、一斉に公開します。最も多い枚数のコレクションを出したプレイヤーと、2番目に多いコレクションを出したプレイヤーが、ボード上の駒を進めることが出来ます。

城で泥棒を出した場合、先ほど出された全てのプレイヤーのコレクションの中から1枚ずつもらうことができます。この時に探偵が出されていた場合、泥棒は牢屋送りになり、一定期間戻ってきません。探偵を出したプレイヤーは、ボード上の駒を進めることが出来ます。

誰かの駒がゴールのマスに到達した時、最後のコレクション展示を行い、駒を進めてゲーム終了になります。もっとも先のマスに駒を進めていたプレイヤーが勝利します。

1位 グマ(緑)
2位 やつ(白)
3位 キタガワ(赤)
4位 sai(紫)
5位 アキロヲ(青)


U原さん、アサイさん、ターパンさんの3人は王と枢機卿を遊んでいました。

画像


ヨーロッパの各国に駒を配置して、影響力を高めていく陣取り型のゲームです。

手番時に、ボード上のいずれかの国が描いてあるカードを出すことで、駒を配置します。その後、山札からカードを補充します。

山札が無くなったら1回目の得点計算を行います。その後、使用したカードを集めてシャッフルし、再び山札を作ります。この山札も無くなった時、2回目の得点計算を行い、ゲームが終了します。最も多くの得点を獲得していたプレイヤーが勝利します。

1位 アサイ(赤):86
2位 ターパン(緑):77
3位 U原(青):70


最後は全員でタブラの狼を遊びました。

村人になりすました狼男を見つけ出すべく、激しい舌戦が繰り広げられる疑心暗鬼な交渉?ゲームです。ゲーム開始前、だらか1人が進行役になり、他の各プレイヤーは役割が描いてあるカードを引いて、村人か狼男になります(もちろん秘密です)。

進行役の指示によって、毎朝、村人の一人が狼に襲われたということで死亡します。村人(と、紛れ込んでいる狼男)は話し合いで誰か一人を容疑者として告発し、処刑します。もし、狼男が全員(複数存在します)処刑されたら、、村人が勝利します。

夜になると、狼男は秘密裏に進行役に、その日の犠牲者を指定します。指定された犠牲者が、次の日の朝に死亡します。狼男は、一定の人数の村人を死亡されたり処刑させれば勝利します。

一回目は村人側勝利、2回目は狼男側(ちなみに、アキロヲさんとやつ)が勝利しました。

この記事へのコメント