2009 9・20 第27回魚沼ゲーム会(南魚沼市民会館)

今回の参加者:タカハシ、アダチ、池田さん、アサイ、アキロヲ、U原、やつ(敬称略)。

AM9:50頃にやつが会場に到着すると、新潟方面よりタカハシさんとアダチさんが来ていました。3人で他の方の到着を待っていると、新潟方面より初参加の池田さん、北魚沼からアサイさんが到着しました。

本日、最初のゲームはコロレットから。

画像


全部で7色あるカードを、山から引いて場に出すか、すでに場にあるカードを引き取っていくゲームです。引き取ったカードのうち、3色までのカードはプラス得点として数え、それ以降の色のカードは全てマイナス得点として数えます。ゲームが終了したら得点計算を行い、もっとも得点の高いプレイヤーが勝ちます。

今回は「同じ色のカードを集めると得点が増えるが、集めすぎると逆に得点が減ってしまう」得点計算法で遊びました。

1位 タカハシ、アサイ、アダチ:21
4位 池田:18
5位 やつ:17


アキロヲさんが会場に到着したので、3人で2卓に分かれます。

アサイさん、池田さん、やつの卓ではスモールワールドをプレイ。

画像


様々な能力を持っている数多くの種族から1つを選び、土地を支配していく陣取り系ゲームです。他人の支配する土地を分捕ることもできるので、ゲーム中は攻撃的な展開になることが多いです。

ゲーム中、自分の選んだ種族を別の種族に乗り換えることもできます。同じ種族1つだけでは土地の支配が非効率になっていきますので、頃合を見て別の種族を選びなおし、新たな土地の支配に乗り出していきます。

各ラウンドの終了時、支配している土地の数に応じて得点がもらえます。一定数のラウンドが終了したらゲームは終了し、最も多くの得点を持つプレイヤーが勝利します。

今回、やつがルール説明を担当しましたが、3箇所ほど大きな間違いがあり、通常のゲームとはだいぶ展開が異なってしまいました。それでも最後まで遊ぶことはできましたけど、他のプレイヤーの皆様、どうもスミマセンm(_ _)m

1位 池田:96
2位 アサイ:84
3位 やつ:83


隣の卓では、タカハシさん、アダチさん、アキロヲさんの3人で百科審議官が遊ばれていました。

画像


各プレイヤーが決めたルール(「冷たい」とか「丸い」とか思いつくもの)を予測し、当てはまるような言葉(名詞でも文章でも可)を選んでいくゲーム…とでも言いましょうか。なんとも説明が難しいゲームです。細かいルール解説はこちらを参照ください。

詳細は不明ですが、アダチさんが10枚目の付箋を貼って勝利していたようです。ちなみにプレイ中には「ショッカー(仮面ライダー?)」「メンヘラ」「酒○○子」などという単語が出ていましたが、どんなルールに当てはまっていたのやら。


昼食後、ふたたび3人卓と4人卓に分かれます。3人卓ではアダチさん、U原さん、アサイさんの3人がパンデミックを遊んでいました。

画像


世界中に広がる感染症の猛威から人類を救うべく奔走する協力型ゲームです。感染症の脅威は瞬く間に広まっていくので、プレイヤーは片時も気を抜くことができません。感染症を防ぐワクチンを発見して人類を救えば全プレイヤーが勝利しますが、できないときは全プレイヤーが敗北します。多分、人類の大半が死滅してしまうんじゃないでしょうか。

このゲームは難易度を分けることができ、中級レベルで2回プレイされました。結果はどちらも全プレイヤー敗北という結果に。


池田さん、タカハシさん、アキロヲさん、やつの4人卓ではオリゴを遊びました。

うっかりゲーム中の写真を撮っていなかったので、ゲームの雰囲気とルールはこちらを参照ください。カードを出して自分の駒を配置していく陣取り系ゲームです。他人の駒を取り除くために攻撃することもできますが、今回は終盤に1回しか行われませんでした。得点の取り方が何通りかあって、慣れないうちはうまく得点を取れないかもしれません。

1位 タカハシ:91
2位 池田:80
3位 アキロヲ:77
4位 やつ:55


再びメンバー入れ替え。今度の3人卓ではドミニオン拡張:陰謀含む)を、タカハシさん、池田さん、やつのメンバーで遊びます。

画像


山札を構築していく有名カードゲームです。当会でも何度か遊ばれていますが、今回は拡張セットを導入しました。
基本セットと拡張セットのカードを混ぜた「脱構築」と「手札熱狂」の2つの環境でプレイ。

○脱構築

1位 タカハシ:23
2位 池田、やつ:6

○手札熱狂

1位 タカハシ:41
2位 池田、やつ:25


4人卓ではアダチさん、U原さん、アサイさん、アキロヲさんが世界の英雄たちを遊んでました。

画像


様々な特殊能力を持つ「歴史上の人物カード」を駆使して、盤上に駒を配置したり、他人を攻撃したりします。一定の条件が満たされた時に得点計算を行い、各エリアに置かれている駒の数が多いプレイヤーが得点をもらいます。ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

登場する人物は、キリスト、ブッダ、ビスマルク、織田信長、源頼朝、ハンニバル、レオナルド・ダビンチ、モーツァルト…といったかんじで、軍人に学者に宗教家に芸術家までいろいろあります。

1位 アキロヲ(青):44
2位 アダチ(緑):40
3位 U原(黄):38
4位 アサイ(赤):37


またまたメンバー入れ替え。今度の3人卓はU原さん、アキロヲさん、タカハシさんがケルトを遊んでいました。

画像


手札を出して駒を進めるゲームです。カードの出し方に規則があって、効率の良い出し方をしていかないと、思うように駒を進められなくなります。駒を進めるコースは5つありますが、駒を1マスでも進めると、ある程度先の増すまで進めなければマイナス得点をもらうはめになります。自分の持っているカードと、場に出ているカードをよく見ながら、どのコースに駒を進めればよいか考えながらゲームを進めていきます。

勝敗結果は、アキロヲさんが54点で3位、そこから20点差くらいでU原さんが2位、そこからさらに20点差くらいでタカハシさんが1位とのこと。


4人卓では、アダチサン、池田さん、アサイさん、やつがサンファンを遊びました。

画像


5つの役割から1つを選んでアクションを行って、カードを手札から場に出したり、山札からカードを引いてきたりするゲームです。プエルトリコのシステムをやや簡単にして、カードゲームに置き換えた感じというと、分かる人には分かるかも。

1位 池田;41
2位 やつ;36
3位 アサイ:30
4位 アダチ:28

この記事へのコメント