2010 9・19 第36回魚沼ゲーム会(南魚沼市民会館)

今回の参加者:池田、アダチ、タカハシ、U原、アサイ、ヤツ(敬称略)。

今回は総勢6人という、久しぶりに大人数でのゲーム会になりました。いつもは基本3~4人が多い過疎ゲームサークルなもので(^^;)。

やつが会場に到着すると、新潟方面勢のお三方が既に到着してました(毎回、会場入りが遅い主催者でスミマセン)。他の人が来るまでの間に軽く遊ぼうということで選んだのはフリンケピンケ

画像


カードを出してチップを獲得していくゲームです。カードとチップは全部で5色あり、場に出されたカードに書かれた数字が、その色のチップの得点となります。ゲーム終了時に獲得したチップの得点が最も多いプレイヤーが勝利します。詳細はこちらを参照。

ルールはシンプルですが、カードを出すタイミングに頭を悩ませるゲームです。2回行って得点を合計した結果は以下のとおり。

1位 タカハシ:37
2位 池田:33
3位 アダチ:29
4位 ヤツ:21


U原さんが加わって5人になったので、ゴキブリポーカーを遊びました。結果はアダチさんが4枚集めてしまいアウト(どの種類だったかは忘れてしまいました)。


アサイさんが到着し、6人全員で遊ぼうということでリンクを選択。ゲーム内容に関してはこちらを参照ください。今回も奇想天外なヒントが次々と出ましたが、意外と通じ合うものがあったのかペアを当てることが多かったです。

1位 タカハシ:30
2位 ヤツ:24
3位 アサイ:22
4位 U原:15
5位 池田:14


昼食後、3人×2卓に分かれて遊びます。

池田さん、アダチさん、ヤツの3人でブラスをプレイ。

画像


先月は4人で遊んだこのゲーム、3人で遊ぶと盤上の展開に少し余裕があるように思えますが、後半のカツカツ感(借金のタイミング、石炭や鉄の確保)などは相変わらずです。ある程度の経験を積めば、もう少し上手く立ち回れるようになれるかも?

1位 池田(赤):194
2位 アダチ(緑):138
3位 ヤツ(黄):128


一方のタカハシさん、U原さん、アサイさんの3人はアッシリアをプレイ。

画像


プレイの経過を見ていないので詳細は不明ですが、ゲーム内容についてはこちらを参照。箱にはプレイ時間60分とありますけど、2時間はかかるとのこと。それでもブラスよりは早く終わっていました。

1位 タカハシ(黄):148
2位 アサイ(赤):108
3位 U原(橙):104

アッシリアが終わった時、ブラスがまだ終ってなかったので、この3人でフォーセールをプレイしていました。こちらも経過を見ていないので詳細は不明。内容についてはこちらをどうぞ。


両方の卓のゲームが終了し、再び6人で何かを遊ぼうというところで操り人形をしようという提案が。このゲームが魚沼ゲーム会で遊ばれたのが2008年の7月で、実に2年3ヶ月ぶりに遊びました。

画像


大雑把に言えば、様々な能力を持つ職業を選択していきながら、いち早く建物を建てていくことを目指すカードゲームです。選んだ職業の効果によっては手番を失わせたり(失ったり)、お金をもらえたり(奪われたり)、カードを山札から引いたり、他人と交換できたりします。

職業の効果によって有利な展開にしたり、他のプレイヤーを妨害していきながら、自分の建物を8枚場に出したらゲーム終了。建物の得点とボーナスを計算し、最も得点の多いプレイヤーが勝利します。

職業選択で頭を悩ませることが多く、そのためプレイ時間が長くなったりします。また、自分の手番を失ったり、お金を奪われたりすると、ゲーム展開がかなり厳しくなり、それが何回も続くとかなりへこみます。職業選択の駆け引きとか疑心暗鬼に悩む点がこのゲームの魅力ではありますが、けっこう人を選ぶゲームだとも言えます。

1位 タカハシ:25
2位 U原:18
3位 アダチ、池田:17
5位 ヤツ:15
6位 アサイ:9


最後に6人で遊べる「あまり長い時間かからないゲーム」ということでククをプレイ。 

画像


配られた1枚のカードで勝負するゲームです。勝負の前に、親の左隣から順に、「自分の左隣のプレイヤーの持つカードと自分のカードを交換するか選ぶ」ことができます。自分のカードが弱そうだと思ったら、隣と交換すればよいわけです。交換したカードがもっと弱いカードだったという場合もありますが。

カードの中には特殊な効果を持つものがあって、交換しようとしたプレイヤーをゲームから脱落させるもの、高官の順番を一つ飛ばすもの、交換されたカードの最初の持ち主を脱落させるものなどがあります。こういった効果が、単純なカードの交換のやり取りをより面白くします。

交換を一通り終えた後、勝負を行います。最も弱いカードを出したプレイヤーが脱落します。ゲームの最初の3ラウンドまでは、勝負で負けたり、カードの効果で脱落したプレイヤーはチップを支払ってゲームに復帰できます。しかし、4ラウンド以降は復帰することが出来ず、残っているプレイヤーの間で勝負を行います。そうして1人だけ残ったプレイヤーが、今まで支払われたチップを全て手に入れ、再び新しいゲームを行っていきます。何回かゲームを行って、最も多くのチップを集めたプレイヤーが勝利します。

数回ゲームを行って、U原さんが最も多くのチップを集めて勝利しました。

この記事へのコメント