2011 5・22 第42回魚沼ゲーム会(南魚沼市民会館)

今回の参加者:じゃん、アダチ、やつ(敬称略)。

遠方よりのアダチさんとじゃんさんにお越しいただきましたが、魚沼からの参加者がみな欠席で、今回は3人会となりました。

最初に遊んだのはビブリオス

画像


ドラフト&競りのカードゲームです。ゲームの前半はドラフトを行います。スタートプレイヤーが山札からカードを引いて自分だけ見て、手札にするか、表向きにして場に置くか、裏向きのまま捨て札にするか決めます。手札にするのと捨て札にするのは1枚まで、場に置くのは他のプレーヤーの人数枚までです。

他のプレイヤーは順番に、場に置かれたカードを選んで手札に加えます。そして、スタートプレイヤーが右隣の人に代わります。これを山札が全て引かれるまで行います。

カードには影響力の数値が書いてあるもの、お金、得点ダイスの目を上下させるものがあります。影響力は得点を得るために必要です。お金は、競りでカードを獲得する時に使用します。ダイス目を上下させるものは、5種類あるサイコロのどれかの目を上下させます。目の数値が得点になります。

山札が全て引かれたら、先ほどの捨て札を混ぜなおして、新しい山札を作ります。今度は山札から引いたカードを競りにかけます。影響力とダイス目上下は手札のお金カードを使って競りを行います。お金カードの場合は、手札のどの種類のカードでもいいので、枚数で競りを行います。一番多いお金(または枚数)を提示したプレイヤーが、それらを捨てて、山札から引いたカードを獲得します。

山札が全て引かれたら、得点計算を行います。手札にある影響力の数値を合計し、最も高い影響力を持つプレイヤーがその種類の得点を獲得します。5種類全ての得点について計算し、最も多くの得点を手に入れたプレイヤーが勝利します。同点の場合、手札のお金が多い人が勝利します。

ルールは分かりやすく、ドラフトにも競りにも悩ましさがあって、なかなか楽しめるゲームでした。短時間で終わるのも良いですね。

1位 やつ:26(お金で勝ち)
2位 アダチ:26
3位 じゃん:13


続いては、3人ゲームの定番?な王と枢機卿をプレイ。

画像


12世紀のヨーロッパ各国に修道院を建てたり、枢機卿を派遣して得点を稼いでいくゲームです。手札を使用することで、盤上にコマを配置していきます。コマの数が多いほど、そのエリアへの影響力が高くなります。同時にコマの数がそのエリアでの得点になるので、無闇にコマを多く置くと他のプレイヤーがたかって得点を与えてしますことになるので注意が必要です。

ゲームの途中と終了時に得点計算を行い、最も得点の高かったプレイヤーが勝利します。

1位 じゃん(青):66
2位 アダチ(緑)、やつ(赤):62


続きまして、ズーロレット・ミニをプレイ。

画像


同じ種類の動物を集めて得点を増やしていくゲームです。プレイヤーは手番時に、動物タイルを袋から引くか、場に置かれた動物タイルのセットを一つ選んで引き取るかをします。動物タイルを引き取ると、そのラウンドでは手番が飛ばされます。全員が動物を引き取ったら、次のラウンドが始まります。コロレット方式といえば分かる人には分かるかな。

集めた動物は自分の動物園に配置します。同じ種類の動物を多く集めると得点が増えますが、集めすぎて収容限界を超えたり、集めているのと異なる種類の動物は飼育小屋送りになり、マイナス得点になってしまいます。

細かなルールでは「オスメスのつがいを集めると子供が生まれてタイルが増える」とか、「収納限界の6枚まで動物タイルを集めると、飼育小屋のタイルを捨てたり他のプレイヤーからタイルをもらえる」といったものがあります。

袋のタイルを全て引いたら、別に分けていたタイルの山を使い、そのラウンドが終わった時点でゲーム終了。得点が最も高かったプレイヤーが勝利します。

1位 じゃん:31
2位 アダチ、やつ:18


昼食後、午後の部で最初に遊んだのがトロワ

画像


ワーカープレスメント系のゲームです。細かなルールが多いので、ゲームの流れを大雑把に説明すると、プレイヤーは自分のコマを3箇所のエリアに配置し、そのエリアの色と同じ6面ダイスを受け取ります。受け取ったは全てダイスを振り、出た目をそのままボード上に配置します。

その後、プレイヤーはボード上に公開されているアクションカードのアクションを行っていきますが、最初はお金を払ってコマをカード上に配置しなければいけません。また、アクションを行うには、カードに設定されたダイス目以上のダイスを支払う必要があります(1個でも複数でも可)。

そのさい、自分の振ったダイスで支払っても良いですが、他のプレイヤーにお金を上げることでそのプレイヤーのダイスを使って支払うこともできます。

ダイスが足りないとか全て無くなったりしてアクションを行えなくなったらラウンド終了。決められたラウンドを終了したら、各種得点計算を行い、最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

細かいルールが多い上に、勝つための道筋や要素がけっこう複雑に絡み合っているので、初回は「なにをやればいいか分かりにくい」ところがあります。ただ、戦略性が高いことから世間では評判が良いゲームです。

私は初回プレイだったのですけど、たまたまとった作戦が上手くいったのか1位になれました。ゲーム中はシステムの複雑さに四苦八苦して、とても勝てるとは思えなかったのですが。システムに慣れてくれば、もう少し上手く立ち回れるかも。

1位 やつ(青):35
2位 じゃん(橙)、アダチ(緑):25


結構重かったトロワの次は、少し軽めのゲームということでリビングストンをプレイ。

画像


アフリカ探検をテーマにしたゲームです。スタートプレイヤーはダイスをプレイヤー数×2個振って、好きなダイスを1個選んで取ります。このダイスの目がアクションを行う際に重要になってきます。

各プレイヤーが順に1個選んで取った後、2個目のダイスを選びますが、最初に選んだダイスの目より大きな数のダイスを選ばなければなりません。選べない場合はダイスをとることができず、1個分のアクションが行えずに損をしてしまいます。

その後、各プレイヤーは順にアクションを行います。「選んだダイスの目の数だけお金をもらう」「選んだダイスの目の数だけ袋からランダムに宝石を引いたりする」「選んだダイスの目とボード上に書いてあるダイス目が対応する場所にテントを配置する」「カードを一枚引く」といったアクションを行えます。

テントを配置するにはお金が必要です。宝石を引く際は、価値の無いものから換金率の高いものまでがあり、良いものを上手く引けるかどうかは引き運にかかっています。アクションカードは様々な効果があり、手札の上限も手番時に使用できる枚数制限も無いので、上手く使えばゲームを有利に進めることができます。

プレイヤーは手番時に、手持ちのお金を賽銭箱?の中に寄付することができます。金額は任意ですが、ゲーム終了時に賽銭箱の中のお金が最も少ないプレイヤーは直ちに失格となるので注意が必要です。

一定のラウンドが終了したらゲーム終了。寄付金が少なかった失格者を決めた後、ボード上に配置したテントの得点と、カードに書かれた得点の合計が最も高かったプレイヤーが勝利します。

ダイスを選ぶ悩ましさと宝石を引くワクワク感が楽しいゲームです。カードの使用に制限の無い点が強すぎるかなと思いますが、あまり突き詰めて考えず楽しく遊ぶには良いゲームだと思います。

1位 じゃん(青):59
2位 やつ(黒):48
失格 アダチ(緑):55


続きましてはハンザをプレイ。

画像


バルト海で交易を行うゲームです。プレイヤーは手番時にお金を払ってボード上の船を動かして、9つある都市を移動します。船は一隻だけで、全プレイヤーが共有しています。そのため、手番が回ってきた時に都合が良い場所に船があるとは限りません。

移動先の都市で、お金を払って商品を手に入れたり、商品を売って得点に換えたり、商品を消費することでマーカーを置くといったアクションを行えます。ただし、移動先で行えるアクションは1回だけです。

都市に置いてあるマーカーが最も多いプレイヤーが、品物のお金をもらうことができます。自分のマーカーが多ければ、タダで商品をもらえるわけです。商品を売るには、その都市に自分のマーカーが最低1個置いてある必要がありますが、商品売却時にマーカーが1個取り除かれます。マーカーを配置するには、得点現になる商品を消費しなければなりません。

このシステムの絡みが悩ましいところです。お金が足りないとかマーカーが置いてないとか目的地が遠すぎるといった、やりたいことは多いのに、あと少しでできないといったジレンマを生んでいます。

商品がボード上に配置されていき、商品の山が少なくなったらゲーム終了。商品を売った得点と、売れなかった商品の得点、自分のマーカーが置いてある都市の数を合計し、最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

これはなかなか面白いゲームで気に入りました。ルールはそれほど複雑でなく、悩みどころが多いけども、しっかり考えた上でアクションを行っていく点が良いと思いました。ただ、突き詰めて考えていくと時間がかかりすぎるので、
その辺は長考し過ぎない配慮もしたほうがいいですね。

1位 じゃん(黄):63
2位 アダチ(紫):58
3位 やつ(白):42


今回最後のゲームはドミニオン基本。
画像


例会終了時間も迫っていたので、初めて遊ぶ人向けのカード環境でさくさくとプレイ。手番が回ってくるまでにシャッフルが間に合わないくらいのテンポで遊びました。

1位 アダチ:42
2位 やつ:36
3位 じゃん:18

この記事へのコメント