2013 3・31  第58回魚沼ゲーム会(南魚沼市民会館)

今回の参加者は、はやるさん、茶助さん、アサイさん、saiさん、U原さん、やつの計6名。遊んだゲームは以下の品々です。

ダイスでポン
スペースミッション
テケリ・リ
キングダムビルダー
キングオブトーキョー
チーキーモンキー
ディクシット


ダイスでポンは、テーマに合った言葉をいち早く答えて得点をもらうワードゲームです。

画像


テーマはダイスを振って出た目によって決められます。例えば、【M・N】【E・U】【歴史・地理】【4】という目が出た場合、「め・む・ね・ぬで始まる4文字の歴史・地理に関する言葉」を言うことができればOK」です。この場合だと、メキシコ、武蔵野、ヌルハチなんかが思いつくんですが、ねで始まる言葉がどうも思いつかない。何かありましたっけ?

アサイさんが会場入りするまで、はやるさん、茶助さん、やつの3人で遊びました。アサイさんが到着したところで終了しましたが、茶助さんが6点、はやるさんが4点獲得したのに対して、やつは1点しか取れなかったという(;´Д`)
思いついた言葉が一文字多かったり足りなかったりでなかなか得点にならず、頭の固さを痛感したゲームになりました。


スペースミッションは惑星探索と資源や異星人の発見・確保をテーマにしたSFチックなゲーム。なんとなくスタートレックを思わせる雰囲気がありますね。

画像


手札からカードを使うことで惑星間をワープしたり、惑星を探索して資源や異星人を確保したり、惑星に宇宙港を建設していきます。ゲーム終了時には、集めた資源や異星人、宇宙港、ワープした回数が得点になります。様々な得点方法があるので、手札の状況を見ながら効率よくワープしたり探索していくのが良いでしょう。

はやるさん、茶助さん、アサイさん、やつの4人でプレイ。カードのや惑星の探索での引き運の要素が結構あるので、なかなか思い通りにならない展開に。この運の要素に好き嫌いが分かれるかもしれませんが、何があるか分からない宇宙探索のままならなさという雰囲気は上手く表現していて、個人的には好きなほうですね。結果は以下の通りです。

1位 茶助:51
2位 やつ:44
3位 はやる:35
4位 アサイ:34


テケリ・リはクトゥルフ神話のテイストを織り込ませたトリックテイキングゲーム。写真撮影を忘れたので、ゲームの雰囲気はこちらを参照ください。

カードの中にはマイナス点が設定されているものがあって、できるだけそれらを取らないようにゲームを進めていきます。深きものどもは-10点程度ですが、ニャルだと-60点、クトゥルフやハスターになると-120点、アザトースともなると-240点も罰点を受けることになります。手札を全て出すと1ラウンドが終了し、受け取ったマイナス点に応じてチップをもらいます。何ラウンドか行って、最も受け取ったチップの多い人が負けとなります。

はやるさん、茶助さん、アサイさん、やつの4人で1ラウンドだけプレイ。結果は記録しませんでした。なかなか面白かったので、次回遊ぶ機会があれば何ラウンドか行ってみたいところ。


キングダムビルダーは2012年のドイツ年間ゲーム大賞に選ばれたボードゲームです。システムはボード上に自分の駒を置いて得点を稼ぐ陣取り系といったもの。セットアップ時にゲームボードの並びや勝利条件などをランダムで決めるので、ゲーム毎に異なる展開を楽しむことができます。なお、今回は拡張セットも含まれています。

画像


プレイヤーは手札(といっても、毎手番に1枚しかありませんが)に描いてあるヘクスのところに自分の駒を配置します。得点を獲得する条件を満たす駒の配置ができれば、手番中またはゲーム終了時に得点を獲得します。

ボード上には特殊なアクションを行えるタイルが置いてあり、駒を隣接するように置くともらえます。配置された駒を移動させたり、追加で駒を配置できたりと強力な効果があるのですが、数が限られているので早い者勝ちで取りにいく必要があります。

誰かの手持ちの駒が無くなったらゲーム終了、最も得点が高いプレイヤーが勝利します。

1回目のゲームは、はやるさん、茶助さん、アサイさん、saiさん、やつの5人で遊びました。結果は以下の通り。

1位 sai(橙):54
2位 アサイ(黒):52
3位 やつ(赤):45
4位 はやる(青):42
5位 茶助(白):41

ルールはシンプルですが展開が幅広く(それでいて手札1枚の縛りのおかげで無駄に複雑にならない)、得点を獲得するためにあれこれ思案するのが楽しいゲームです。なかなか好評だったので、例会の最後のゲームにもう1回遊びました。

画像


2回目のゲームは、はやるさん、茶助さん、saiさん、U原さん、やつの5人でプレイ。結果は以下の通り。

1位 sai(橙):79
2位 はやる(青):69
3位 やつ(黒):64
4位 U原(赤):60
5位 茶助(白):42

ゲームボードや勝利条件、特殊タイルの効果が変わることで、前回とはまるで異なるプレイ感になるのが面白いですね。


キングオブトーキョーは怪獣たちのバトルをテーマにしたダイスゲームです。タイトルにもあるように、舞台は日本の東京らしいです。

画像


ダイスを3回まで振って、他の怪獣を攻撃したり、自分の怪獣のダメージを回復したり、得点やエネルギーを獲得したりしていきます。獲得したエネルギーを消費することで、特殊な効果を発揮するカードを入手することができます。他の怪獣をすべて倒すか、一定の得点を獲得したプレイヤーが勝利します。

はやるさん、茶助さん、アサイさん、saiさん、U原さん、やつの6人でダイスロール。ダイス振りゲーなので運の要素が高いです。特殊効果のカードの強弱も引き運に左右されますし。激しい殴り合いになるかと思いましたが、なかなか決着がつきません。アサイさん、U原さん、やつの怪獣が倒れた後、はやるさんが一定の得点を獲得して勝利しました。

ダイス振りのドキドキ感はなかなか面白いのですが、ダメージを受けると回復プレイに走りがちで決着がなかなかつかないのと、自分の怪獣が倒れた後は暇になるという欠点があるかな。


チーキーモンキーはサルのぬいぐるみからチップを引いて得点を稼ごうと試みるバースト系のゲームです。わざわざぬいぐるみを使用する必要があったのだろうかと思わせるコンポーネントがインパクト大です。

画像


サルのぬいぐるみからチップを引いていきます。チップには動物のイラストが描いてあり、種類ごとに枚数も異なっています。チップは何回でも引くことができますが、手番中に引いたものと同じ種類の動物が出ると、それまで引いていたチップをすべてぬいぐるみに返却しなければなりません。獲得したチップは重ねて山にしておきます。

引いてきた動物の種類が、他のプレイヤーが獲得したチップの山の一番上の動物と同じ場合、そのチップをもらうことができます。また、サルのチップは他のプレイヤーのチップのy間の一番上のものと交換することができます。

ぬいぐるみの中のチップがすべて引かれたらゲーム終了。チップの山の枚数に、獲得した動物の種類に応じたボーナス点を足した点数が最も高いプレイヤーの勝ちです。

チップを引く時の盛り上がりが楽しいんですが、点差がつくと逆転が難しいのが欠点と思いました。ちまちまと引いては止めるというプレイでチップをためる展開だと地味な感じがするので、多少のバーストは気にせず気軽に遊ぶのがよいかもしれません。

1位 茶助:47
2位 やつ:29
3位 はやる:21
4位 U原:6
5位 sai:1


ディクシットは、様々なイラストが描かれたカードの中から選ばれたものを、そのイラストを連想させる言葉から推理して当てようとするゲームです。2010年ドイツ年間ゲーム大賞に選ばれています。

画像


プレイヤーの一人が語り部となって、手札のカードから1枚選んで裏向きにして出した後、そのイラストの印象を表しそうな言葉を考えて言います。他のプレイヤーもその言葉に当てはまりそうな印象のカードを選び、裏向きにして語り部に渡します。

語り部は配られたカードをシャッフルした後、全て表に並べます。語り部以外のプレイヤーは、並べられたカードのなかから語り部が選んだと思われるカードを推理して投票します。

全ての投票が済んだら、選ばれたカードの持ち主を明らかにします。語り部が選んだカードに投票があった場合、語り部とそのカードに投票したプレイヤーは得点を獲得します。また、語り部以外のプレイヤーが選んだカードに投票があった場合、そのカードの持ち主は得点を獲得します。

誰も語り部の選んだカードに投票しなかった、または全員が語り部のカードに投票した場合、語り部以外のプレイヤーは得点を獲得します。この場合は、残念ながら語り場に得点はありません。

投票後、各プレイヤーは山札からカードを補充し、語り部の左となりのプレイヤーが新しい語り部となります。山札が全て引かれたらゲーム終了。最も得点を獲得したプレイヤーが勝利します。

各人の思惑と発想で様々な解釈と表現ができる芸術系ゲームといったかんじです。語り部のプレイヤーは、カードの印象を表す言葉を考えるのが楽しくも難しいですね。簡単に当てられてしまう言葉では他のプレイヤーだけが得をしてしまうので、ほどほどの表現にするのが良いみたい。

語り部以外のプレイヤーは、あまりにかけ離れたイラストのカードを選んでは誰も投票してくれないので、なんとか印象が近いものを無理矢理?手札から選んで出していきます。このへんも面白いです。ひょっとしたら、誰か投票してくれるかもという期待をしてしまうんですね。で、だいたいは投票結果で0票だったりしますが。

1位 茶助、はやる:25点
3位 sai:24
4位 U原:22
5位 やつ:17







この記事へのコメント