同盟用ネクロンの新兵器「モノリス」が完成

ウォー沼ハンマー振興会の記事に『災厄の兆したる機動要塞兵器 モノリス制作記』を掲載しました。詳細はこちら

画像


モノリスを購入したのが12月初旬で、その間にク・タンやザンドゥレクを作っていたこともあって、完成までに時間がかかりました。モノリスは完成したときのデザインは格好良いんですが、制作中はどうも格好良さより(エッジ塗りの)面倒くささのほうが先立ってしまい、なかなか作業意欲が長続きしなかったんですね。まあ、ミニチュアは根気良く塗り続けていれば、いつかは納得する出来のものになります。完成しないミニチュアなんて存在しません。

ウォーハンマーのファンタジー方面では、ドワーフのアーミーブック(ミニチュアの能力やルール、背景設定が書かれた書籍)が日本語訳されないという事に波紋が広がっていますね。今後、ファンタジーや40000のゲームのルールやアーミーの設定が日本語で読めなくなるかもしれないという不安はどうしても感じてしまいます。皆が英語をすらすら読める(あるいは読もうと努力する)わけじゃないので、ただでさえ高く感じられるミニチュアゲームの敷居がますます高くなってしまうような。

自分の場合、ルール部分だけなら乏しい翻訳技能「英語の読み書き:2%(d100で)」を駆使すれば何とかなるかもしれませんが、魅力的な設定や背景なんかを理解するには、本当は母国語で読むのが一番なんですよね。

この記事へのコメント