長岡ボードゲーム愛好会の例会に参加しました

22日の日曜日は久々に予定が空いたので、長岡ボードゲーム愛好会の10月定例会に参加してきました。今回持って行ったゲームのメインは、こないさ購入したミニチュア盛りだくさんゲームのジ・アザーズ:7シン。テスト“ソロ”プレイを何回かして感覚をつかんだので、実戦でやりたくなったんですね。

会場到着後にさっそくジ・アザーズ卓を立てることができました。私を含めて3人で、私が人類の敵側を担当。他の2人がヒーロー側になって対戦開始です。

画像


画像


画像


事前のテスト“ソロ”プレイではヒーロー側が苦戦する展開になることが多かったのですが、いざ実戦で遊んでみると、むしろヒーロー側のほうが強い。移動の際に火災のあるスペースを通ってもダメージを受けず(これは私のダイス目が悪かった)、戦闘でもヒーロー側のダイス目が良くて、ボード上のモンスターがどんどん除去される展開に。ゲームが長引くにつれヒーロー側が不利になっていく予定だったのに。

で、一番強い能力を持つアヴァター(画像3枚目のでかいやつ)を召喚したんですが、多くの装備で身を固めた戦闘向けキャラとの一騎打ちで瞬殺されてしまい、ヒーロー側が勝利しました。

インストも含めて2時間くらいで終わったんですが、始終ヒーロー側が優勢だった感じでした。これはもっと研究の必要がありますね。ヒーローに不利な効果をもたらすカードを使うタイミングもうまくなかったし。

結果は負けでも、なかなか面白いゲームで楽しめました。機会があれば他のモンスターやシナリオで遊んだり、人類側を担当してみたいですね。

午後からもゲームをいくつか遊んできました。


いろはことば

画像


ボード上の駒を進めていくしりとりゲームです。自分の駒が置いてあるマスの文字(【い】とか【ち】とか書いてある)
を頭文字にして、お題の言葉(【地名】とか【丸いもの】とか)をいち早く言うことができれば、言った言葉の文字数のマス数だけ、駒を進めることができます(ただし最大で10マス)。最初にゴールできたプレイヤーが勝利します。


ラー

画像


様々なタイルを引いて競り落としていくゲームです。手番時にタイルを引くか競りを行うかして、一番高い数値を提示したプレイヤーがタイルを全て獲得します。ゲームは3ラウンド行われ、各ラウンドの終了時に獲得したタイルに応じた得点をもらうことができます。ゲーム終了時に最も高得点を獲得したプレイヤーが勝利します。


ゲンテス

画像

様々なアクションを行うことで、盤上にコマを置いたり、カードを手札に加えたり、手札のカードを出して得点にしていきます。たいていのアクションは行う際にお金が必要になります。また、全てのアクションは一定の【時間】が必要で、時間が無い場合はそのラウンド中は何も行えません。6ラウンド行って最も高い得点の人が勝利します。


遊んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。機会がありましたら、また新潟のどこかで遊びましょう。


この記事へのコメント