魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴉翼と死翼とオルク

<<   作成日時 : 2012/12/27 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

WH四万第6版スタートセット「ダーク・ヴェンジェンス」のレイヴンウィング・バイカーとデスウィング・ターミネイターを塗り上げました。

画像


バイカーはバイクと乗り手の色合いを変えるとか試してみたんですが、なかなか上手くいかず面倒くさくなり、結局黒ベタ塗りで完成ということに。サージェントのミニチュアはチェーンソードを持っていますが、将来的にはパワーウェポンを持たせたいと考えてます。

ターミネイターは作例の色合いを出そうとあれこれ調合したところ、白に薄茶を混ぜたらなんとなくイメージに近かったんですが、いざ塗り終える骨というよりクリーム色で、ターミネイターデザートカラー仕様みたいな感じになってしまいました。また修正するのは面倒なので、このまま塗り上げましたけども。ダークエンジェルのミニチュアでは、このターミネイターが一番塗りに手間が掛かった気がします。

というわけで、ダーク・ヴェンジェンスのダークエンジェルのミニチュアを全て塗り終えました。

画像


近い将来にダークエンジェルの新しいコデックスやミニチュアが出るようですが、今のところ増強の予定は無いかも。オルク作らなけりゃならないし、コデックスマリーンをそこそこの規模で持っているし。とはいえ、ミニチュアの画像を見ると凄く格好良いものばかりなので、コデックスマリーンよりこっちの方が良いかもって思えてきたり。

あと、こないさ入手したオルクのミニチュアを一通り組み立てました。

画像


オルク・ボゥイにはシュータを持たせるため、本体と腕部は別々に塗ってから取り付けます。トラックも複雑な形状をしているので、パーツは全て接着せず、別々に塗ってから取り付けます。

トラックは見た目が格好良いですが、複雑な造型をしているから手間が掛かりそう。組み立てている時に「あ、これ同じのもう1個作れと言われても厳しいな」と思いましたよ。40Kのミニチュアだとドロップポッドを作って以来ですかね、そう思ったのは。

バイクはノブ・バイカーとして製作しました。バイクは3台ありますがノブ用のパーツは1体分しかないので、ブラックリーチ強襲のノブを利用。ノブの下半身を切って形を整え、現物あわせでバイクの下半身と接着。ハンドルを握る腕は手首の角度を変えたり、脇の角度を調整したりして現物合わせで接着。パーツ同士の空いた隙間はとにかくパテで埋めてごまかすといった「やり続けていりゃあなんとかなる」というオルク並みのヒラメキと製作意欲で完成にこぎつけました。近くで見ると技術のまずさが目立ちますが、戦場に並べればノブ・バイカーだと区別できる程度にはできたかと。

画像


ノブ・バイカーがある程度数揃ったら、バイク乗りのウォーボスも製作する予定です。ブラックリーチ強襲のウォーボスの下腹部にある前垂れ?をナイフで切っただけで、わりとすんなりバイクに乗せることができました。ウォーボスの大柄な体格に対してバイクが少し小さい気もしますが、私の技術ではバイクの改造とかは無理っぽいので、このまま作るつもりです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鴉翼と死翼とオルク 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる